サラリーマン研究者による、お金の自由を得るための研究ブログ

地球環境を守るべく蟻のように働いているサラリーマン研究者による、お金の自由を得るための研究成果の報告

「今年の漢字」が発表されましたよ。なんと。。。

f:id:torotoroupaupa:20201214161843j:plain

今日は、久々に時事ネタで。

 

今年の漢字が発表されました。発表された後で書く意味は全くないのですが、私の事前予想は、「菌」。新型コロナウィルスを直でイメージできる漢字が来るであろうとの推測してみました。

 

ですが、ベストテンには入っていましたが、今年の漢字は違いました。3密の「密」。確かに、よく聞いたし、今年って感じがします。

news.yahoo.co.jp

毎年、この「今年の漢字」の発表は楽しみにして事前に予想を夫婦で話しているのですが、意外に当たらない。去年はさすがに夫婦ともに令和の「令」と当てましたが、その前はいつ当てたのだろう。。。あと、やっぱり災害関係が今年の漢字になるのは、寂しいです。例年のものを見ても、明るい話題からきている今年の漢字は少ないですね。

 

そういえば、今年に入る前に今年の漢字は「金」だと予想していました。夏季オリンピックの年は、たいてい、金メダルが量産されるので、「金」になりやすいイメージがあったからです。特に今年は東京オリンピックだっだはずなので、金メダルが量産されていそうでしたし。当然ですが、去年の今頃はまさか、新型コロナウィルスが蔓延してこんなことになろうとはこれぽっちも想像できませんでした。

 

なお、来年の漢字は、来年こそは世界中で幸せな年であってほしいので、平和の「輪」がつながるように、新型コロナウィルスが鎮静化して東京オリンピックが無事に開催されるように願いを込めて、「輪」と予想します。

 

さて、私にとっての「今年の漢字」が何だったのだろうと考えてみました。まずは、今年は、起こった大きな出来事をまとめてみると

  • 昇進試験に合格
  • 転勤、引っ越し
  • 40代に昇格
  • 副業でWebライターを始める
  • ダイエットを開始
  • エクセルVBAに目覚めた途端にとん挫
  • ブログを始めてみる

となかなか密度の濃い一年だったなと思います。

 

これらの出来事から、一文字の漢字を表すとすれば、挑戦の「挑」や変化の「変」、昇進・昇格の「昇」が候補ですね。どれも甲乙つけがたいですが、私の今年の漢字は「挑」にしました。40代にもなると、新しいことを経験することも少なってきていますし、自ら挑戦するモチベーションも持ちにくくなっている実感があります。なので、挑戦した自分を素直にほめてあげたいです。

 

来年も今年に引き続き、新しいことに挑戦できる年にしたいなと改めて思いました。