サラリーマン研究者による、お金の自由を得るための研究ブログ

地球環境を守るべく蟻のように働いているサラリーマン研究者による、お金の自由を得るための研究成果の報告

インフルエンザとコロナウィルスの同時パンデミックはあり得るの?

f:id:torotoroupaupa:20201214182757j:plain

今、新型コロナウィルスの患者数が毎日、テレビなどで報道されています。患者数や重症者数ばかりにクローズアップされているので、違う角度から記事にしてみたいなと思い、この記事を書いています。

 

【目次】

 

同時パンデミック(ツインパンデミック)はあり得るのか

冬に入る前によく聞いた話ですが、冬になるとインフルエンザも流行し始めて、コロナウィルスとともに同時流行、いわゆるツインパンデミックが起こってしまう可能性があるとのこと。

 

もし、ツインパンデミックが起こってしまうと、医療崩壊につながるので、そうなる前に対策を強化すべきだという主張です。しかし、ツインパンデミックは本当に起こる可能性があるのでしょうか。というのも、オーストラリアでは、今年の冬(6月~8月)にインフルエンザの流行がありませんでした。

 

【オーストラリアのインフルエンザの患者数】

f:id:torotoroupaupa:20201214185140j:plain

 出典:オーストラリア保健省

 

グラフの赤線が2020年です。3月の途中までは例年と同じでしたが、それ以降は患者数はほぼ0に近い数字が並んでおり、例年と比べて極端な差異が出ています。つまり、オーストラリアでは、ツインパンデミックが発生しなかったということです。

 

それでは、日本の現状はどうでしょうか。東京の現状を確認してみましょう。なんと、現段階の状況をみると、オーストラリアと同様の状況でほぼ0でした。例年ならば、すでに流行が始まっている段階なのですが、いまだに発生者数は例年と比較し、極端に少ないです。二か国のデータですが、ツインパンデミックは起こりにくい状況といえそうです。f:id:torotoroupaupa:20201214190705j:plain

出典:東京都感染症情報センター

 

この現象、実はインフルエンザだけではありません。夏に子供の間で流行する手足口病やプール熱(咽頭結膜熱)、ヘルパンギーナ、ロタウィルスといった数々の感染症が例年と比較して極端に低くなっています。下記は、手足口病を代表例に示していますが、もし他の感染症に関して、気になる方は、出典のリンクを見てください。

f:id:torotoroupaupa:20201214193840j:plain

出典:国立感染症研究所 感染者動向調査

 

マスクや手の消毒、うがいなどの対策が効果あると推定

これらの結果が何を示しているのかですが、2つの理由が専門家から指摘されています。

 

一つ目は皆さんが想像されている通り、新型コロナウィルス対策で行っているマスクの習慣や手の消毒、うがいなどの対策がインフルエンザの流行を抑えているということです。新型コロナウィルスとインフルエンザでは、どちらかというとコロナウィルスのほうが感染力が強く、そのために徹底した対策を行っているためにインフルエンザに対しては、効果を発揮していると言えるのではないでしょうか。
(一部のマスク反対論者の方が、意味はないと言っていますが、確かにコロナに対しては効果が薄いのかもしれません。しかし、インフルエンザなどの感染症には大きな効果を上げている可能性があるので、見直してもよいのではないでしょうか。)

 

二つ目は、「ウィルス干渉」です。これはあるウイルスが流行している状況では、他のウイルスの流行が抑制される現象のことを言います。私は知りませんでしたが、医学会などでは有名な現象らしいです。

news.yahoo.co.jp

 

冬が本当にコロナウィルスが流行しやすいのか

この説も麻生太郎財務大臣やトランプ大統領の発言で注目されました。夏になったら、コロナウィルスが消えてしまうと。しかし、現実はアメリカも日本も第2波が夏に来ました。また、オーストラリアは確かに冬の時期に流行のピークが来ましたが、お隣の国のニュージーランドでは、冬の時期にはほとんど患者が発生していません。
(googleの検索で「国名 コロナ」と調べると、一番上に統計データが出てきますので、ぜひ調べてみてください。)

 

つまり、季節要因よりも感染対策の強さに起因しているといってもよいのではないでしょうか。もともと、インフルエンザや風邪が冬に流行するという統計データから、風邪の原因の一つであるコロナウィルスも同じだという思い込みにつながったのではないでしょうか。ただ、あくまで統計データからの私の推測の域を出ないため、研究者の見解をぜひ聞きたいところです。

 

まとめ

新型コロナウィルスとインフルエンザの同時流行は、現在のコロナウィルスの対策をしっかり続けていけば、オーストラリアの例からしても、起こりにくい状況と思われます。今後もデータを見つつ、この説が正しいか検証をしていきたいと思います。