サラリーマン研究者による、お金の自由を得るための研究ブログ

地球環境を守るべく蟻のように働いているサラリーマン研究者による、お金の自由を得るための研究成果の報告

理系話

核融合炉は放射性物質を出さないって本当?

核融合は、究極のエネルギー源として注目を浴びている。特に放射性物質が少ない点が特徴として挙げられるが、本当に正しいのか。この記事では、その情報を推進派と反対派の両面から調べた結果をまとめています。

花粉症の原因はタンパク質?それを制御すると症状が楽になるって本当?

花粉症などのアレルギー反応は、人が蓄えられるタンパク質の許容量を超えたタンパク質が体内に入ると、体から排除するように働くことで引き起こされます。この記事では、タンパク質の容量を増やす方法やタンパク質を蓄えないようにする方法を紹介します。

雪害により電力需給がひっ迫!この状態で本当にカーボンニュートラルできる?

雪害により、電力需給がひっ迫。今後、再生可能エネルギーが増えるとこの問題はより顕著になる可能性大。今から、しっかり対策することが必要に。

グリーン成長戦略の要、蓄電池が抱える課題

再生可能エネルギーで発電した電力を蓄えるために使用される蓄電池であるリチウムイオン電池と送電インフラが抱える課題を解説。特にリチウムイオン電池はグリーン成長戦略の要のため、とても重要な技術。

再生可能エネルギーの拡大の障壁は何?3つの課題について紹介。

2050年にカーボンニュートラル達成の鍵となるグリーン成長戦略が立案されました。その中でやはり再生可能エネルギー拡大が必須。では、再生可能エネルギ-の拡大を阻む壁は何か?この記事では、3つの課題を詳しく解説してます。

水素社会は実現可能か?そのために乗り越えるべき3つの課題

カーボンニュートラルを実現するための柱のひとつである水素社会を実現するためにクリアすべき課題について、解説しています。水素社会を実現のためには再生可能エネルギーを用いた水素製造が安く安定的に作ることができるかが大きな鍵です。

カーボンニュートラルって本当に実現できるの?グリーン成長戦略とは

2050年にカーボンニュートラルを達成を目指して、政府が立てたグリーン成長戦略とは?グリーン成長戦略の概略とカーボンニュートラルを実現する鍵となる技術が何かとともに解説。

インフルエンザとコロナウィルスの同時パンデミックはあり得るの?

新型コロナフィルスとともにインフルエンザも同時に流行するツインパンデミックは起こるのでしょうか?この記事では、すでに冬を経験したオーストラリアの事例や日本の現状のデータを元にツインパンデミックが起こるか検証してみました。

再生可能エネルギーの普及の鍵のひとつ、人工光合成に注目

再生可能エネルギーの普及のためには人工光合成が鍵。人工光合成は、太陽光により電気を作り出すのではなく、化石燃料を作り出す技術。つまり、太陽エネルギーを保存可能な物質に変換できる点が魅力だが、エネルギー効率が低い点は課題。

日本の再生可能エネルギー復活の鍵、次世代太陽電池とは?

再生可能エネルギー拡大の鍵となる次世代太陽電池は、ペロブスカイト太陽電池を指す。ペロブスカイト太陽電池は、グリーン成長戦略の柱として大きく投資される。ペロブスカイト太陽電池の魅力は、発電効率が高いだけでなくフィルム形状にできる点。